東京大会、レガシー生かす

 東京都の小池百合子知事は8日、東京パラリンピック閉会後に初めて報道陣の取材に応じ「パラの素晴らしい成果で東京大会の締めができた。レガシー(遺産)を生かし、ハードとソフトの両面で豊かなまちづくりを進めていく」と強調した。

 小池氏はアスリートのパフォーマンスを見た世界中の人々から称賛の声が相次いでいるとして「選手の皆さんや支えてくれた方々にお礼を申し上げたい」と述べた。

 小池氏は5日夜のパラリンピック閉会式後、6、7両日は終日テレワークで公務に当たるとして登庁しなかった。

PR

PR