「マルエフ」28年ぶり復活

 アサヒビールは8日、「マルエフ」の通称で知られる伝統的なブランド「アサヒ生ビール」の家庭用販売を再開すると発表した。一部の飲食店で扱っているが、缶の通年商品では約28年ぶりの復活で、14日に全国で発売する。2026年まで段階的に続くビール減税を見据え、主力の「スーパードライ」に次ぐ第2の柱に育てる。

 1900年発売の商品が源流で現行品は86年に市場に投入。翌年発売のスーパードライの大ヒットに伴って生産ラインの大半を譲り、93年に缶はいったん販売を終えた。

 350ミリリットル入り缶の店頭想定価格は219円。11月には「黒生」の缶商品の販売も全国で再開する。

PR

PR