D4―1巨(8日)

 DeNAは一回に宮崎、牧の連続適時打で2点を先制し、四、五回に併殺崩れの間に1点ずつを加えた。大貫が6回7安打1失点と粘って5連勝で6勝目、三嶋が初の20セーブ目を挙げた。巨人は打線がつながらず4連敗を喫した。

PR

PR