オ1―4ロ(8日)

 ロッテが首位浮上。マーティンは4打点。六回に同点二塁打、八回に勝ち越しの25号3ランを放った。二木が7回1失点で5勝目。益田が31セーブ目を挙げて、通算150セーブを達成。オリックスは吉田凌が打たれた。

PR

PR