ソフトB、佐藤外野手が陽性

 プロ野球ソフトバンクは10日、2軍の佐藤直樹外野手(23)が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。発熱などの症状があり、自室待機しているという。1軍には影響がなく、予定通りに活動する。

 球団は活動していた2軍の全員にPCR検査を行う。保健所による濃厚接触者の特定を待っており、10日のウエスタン・リーグ、オリックス戦(オセアンバファローズスタジアム舞洲)は中止となった。佐藤外野手は8日の球団の自主検査で陽性疑いとなり、9日に福岡市内の病院で抗原検査を受け、陽性だった。

PR

PR