米、中絶禁止の無効化求め提訴

 【ワシントン共同】米司法省は9日、南部テキサス州で発効した人工妊娠中絶をほぼ禁じる州法について、合衆国憲法で認められた女性の権利を侵害しているとして無効化を求める訴訟を同州の連邦地裁に起こした。州法を違憲と認定するとともに執行の差し止め命令を出すよう求めている。

 テキサス州では知事と州議会の双方を保守派の共和党が握る。州法成立を受け、女性団体などからバイデン政権に対抗措置を求める声が高まっていた。

 ガーランド司法長官は9日の記者会見で、テキサス州法について、女性の人工妊娠中絶を州は禁止できないとした最高裁の判例に照らしても「明らかに違憲だ」と非難した。

PR

PR