麻生氏「傾向申し上げた」と釈明

 麻生太郎財務相は10日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルス感染が「曲がりなりにも収束した」と7日に発言したことに対し、「完全に収束したのではなく、そういう傾向を申し上げた」と釈明した。

 麻生氏は、直近の新規感染者数が「確実に減少してきている」と指摘し、「そう思って、収束しつつあるのではないかと(発言した)」と説明した。

 コロナ対策については「引き続き気を緩めないでやっていかないといけない」との認識を示した。

PR

PR