<続々と地域参加中>世界も注目する空のインフラベンチャー「トルビズオン」株式投資型クラウドファンディングを開始

~来る2022年“ドローン新時代”に向け「空の道」プロジェクト始動~
ドローン(無人航空機)の円滑な社会実装のための上空シェアリングプラットフォーム「sora:share(ソラシェア)を運営する株式会社トルビズオン (福岡県 代表取締役:増本 衛)は、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2021年9月17日(金)より募集による投資申込みの受付を開始することをお知らせします。 *本案件は新株予約権のお取り扱いになります。 【当社プロジェクトページ】 https://fundinno.com/projects/269
(当社プロジェクトとクラウドファンディング実施目的について)



来たる「レベル4」の実現に向け、共に“空の道”を創っていく

株式会社トルビズオンは、ドローンが配送やインフラとして上空を飛び回る未来において「空の道」を創り、世界中の空が安心・安全に利活用される「空のSDGs」を目指す、空のインフラ企業です。弊社の運営する「ソラシェア」は、上空をドローンが飛ぶことによる不安を解消し、ドローン飛行の合意が取れている空域を可視化することで、ドローンの円滑な航行を可能にすることを目指します。

さらに、合意が取れた空域をつなげて「空の道」を作ることで、第三者上空の飛行を必要とするドローン利活用(物流やセキュリティ等)を促進することができると考えています。「ドローンの社会受容性」の獲得という新しいブルーオーシャン市場を創出し、世界中の空の産業革命を、平和的に実現する環境を作ることが我々のビジョンです。

この度、ブルーオーシャンの市場獲得を目指し、2021年9月9日より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始いたしました。弊社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げます。募集期間は2021年9月17日~2021年9月19日、上限とする募集額は 60,030,000円(1口 9万、1人 5口まで)です。




トルビズオンの強みは、空域情報にタグを付け、空のURLとして空間利用を簡易にする「スカイドメイン(R)︎」の特許を取得しているため、高い参入障壁が築けていることです。また、各種企業や自治体との協業により「空の道」の整備を進め、「空のSDGs」に賛同いただける事業者からシステム利用料を得るビジネスモデルを有していることも強みとなります。

今後はドローン航行支援システムのサブスクリプション、「SkyaaS(スカイ・アズ・ア・サービス)」で空の利活用をトータルサポートし、物流以外の様々な市場でもドローン活用を活発にします。また、ドローン運航管理において不正やミスを無くすため、空域管理にブロックチェーン活用を進め、「スカイドメイン(R)︎」を世界の空のインフラプロトコルにすることを目指し、企業の成長を目指します。





■会社概要
・会社名:株式会社トルビズオン
・所在地:福岡県福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡fabbit
・代 表:増本 衛
・設 立:2014年4月
・事業内容:シェアリングエコノミー事業、ドローンコンサルティング、ドローン教育・空撮・測量事業、ドローン物流PoCのプロジェクトマネジメント
・会社URL : https://www.truebizon.com/
・サービスURL : https://www.sorashare.com/


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR