伊豆大島で避難指示・勧告 大雨、土砂災害情報も

雨が降り続く中、行われる定期船の出港作業=3日、東京都大島町 拡大

雨が降り続く中、行われる定期船の出港作業=3日、東京都大島町

 昨年10月に土石流で大きな被害があった東京・伊豆大島で雨が降り続き、大島町は3日夜、一部地区の26世帯に避難指示を、184世帯に避難勧告をそれぞれ出した。気象庁と東京都は「土砂災害警戒情報」を発表、気象庁は大雨警報を出して警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、伊豆諸島の南にある低気圧の影響で、伊豆大島では2日午後から雨が降り始め、島内では3日夕までの24時間雨量が100ミリを超えた地点がある。4日朝にかけて降り続く見通し。

 伊豆大島では昨年10月、台風26号による記録的大雨で島西部の斜面が大きく崩れ、39人が死亡・行方不明になった。

PR

PR

注目のテーマ