佐賀県初の地域創生アクセラレーター「47Growth/GAPs佐賀(11月開催)」ホストタウンとして佐賀県白石町の参加が決定!(運営:エスビージャパン)

地域創生アクセラレータープログラム「47Growth(ヨンナナ・グロース)」を運営するエスビージャパン株式会社(代表取締役:中元英機、 以下当社)は、2021年11月に佐賀県初の地域創生アクセラレーター「GAPs(ギャップス)佐賀アクセラレーター」を開催し、このたびホストタウンとして佐賀県白石町の参加が決定しました。 お問合せ: https://sb-ja.jp/contact

47Growthとは(運営:エスビージャパン株式会社)

47Growthは、地域が抱える課題とスタートアップ企業の技術やアイディアをマッチングすることで、地域活力の向上につながる事業共創を創出するプラットフォームです。そこでは、全国において、Government Accelerator Programs(通称:GAPs/ギャップス)を開設し、地域とスタートアップ企業の事業共創の場づくりをおこないます。
地域を舞台に新興企業が成長することで、地域課題の解決を図るほか、若者が地域で働き、生活する場所としても選ばれることで地域活力の向上につながっていきます。「47Growth」は、「47都道府県をもっと元気に!」を合言葉に、サステナブルな地域振興につながる新しい地域活性化サービスを目指します。
GAPs佐賀ホストタウンとして白石町が参加

11月に、佐賀県内の地域課題をテーマにGovernment Accelerator Programs(通称:GAPs/ギャップス)を開設し、全国のスタートアップが持つ商品・サービス・技術とマッチングをおこないます。その後、事業共創を図ることで、企業の成長とサステナブルな地域活力の創出を目指します。
GAPs佐賀において地域課題を提示するホストタウンとして佐賀県白石町の参加が決定しました。現在、「農業ビジネス・新規就農者の確保・労働力不足の解消」を提示する地域課題として調整しています。残りの参加自治体も決定次第、ご報告します。「GAPs佐賀」は、地域とスタートアップの協業で、佐賀県の地域活力を創出していきます!



佐賀県で創出するGAPsエコシステム

GAPsを開催することで、複数の企業が商品開発や事業活動などでパートナーシップを組み、互いの技術や資本を生かしながら、開発業者・代理店・販売店・宣伝媒体、さらには消費者や社会を巻き込み、業界の枠や地域を超えて広く共存共栄を図るエコシステムを、全国で創出していきます。

ただいま相談を募集中


47Growthや佐賀県でのアクセラレータープログラムの実施にご興味のある方は、どうぞお気軽にお問合せください。

お問合せ: https://sb-ja.jp/contact

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR