物件写真・間取り図の撮影代行やDL販売等を行うクラウドサービス「Live Search」が「撮影業務費用対効果コストシミュレーター」をリリース

Live Searchは自社撮影体制をクラウド化し、不動産DXを実現
株式会社Live Search(本社:福岡県福岡市中央区、代表取締役 福井隆太郎)が提供する不動産業者向け物件写真・間取り図クラウドサービス「Live Search(リブ・サーチ)」は、簡単な入力を行うだけで、自社スタッフによる撮影体制とアウトソーシングによる費用対効果をシミュレーションできるサービスをリリースいたしました。



この度リリースした「コストシミュレーター」をご利用いただくことで、不動産賃貸業者様の業務内容における『空室物件の撮影業務』を自社撮影で行う場合と、アウトソーシングする場合のコスト削減効果や売上効果などが無料で診断できます。
現在自社スタッフによる撮影体制を行なっている不動産業者様、物件撮影業務のアウトソーシングをご検討中の不動産業者様へ向けてご案内しております。

◼︎シミュレーターの種類
株式会社Live Searchが提供する「コストシミュレーター」は賃貸仲介業者用・賃貸管理業者用の2種類をご用意しております。
自社の管理物件を撮影することがメインの管理業者用、他社管理物件の撮影がメインの賃貸業者用で費用対効果のシミュレーションを行うことが可能になっております。

◼︎診断内容について
コストシミュレーターによる診断内容は、Live Searchを導入している170社超の不動産業者様の撮影業務のアウトソーシング体制実施後の売上効果やコスト削減効果の事例データを元に自動算出しております。
賃貸管理会社向けコストシミュレーター:https://photo-livesearch.com/cost_simulations/new?simulate_type=rental_management
賃貸仲介会社向けコストシミュレーター:https://photo-livesearch.com/cost_simulations/new?simulate_type=rental_brokerage
■ 不動産会社向け物件撮影・間取り図作成代行サービス「Live Search Req」
Live Search Reqは、不動産管理会社向けの物件撮影・間取り図作成代行サービスです。空室募集時に必要な物件の撮影依頼をWeb上から注文でき、物件写真・間取り図等25枚以上のデータを撮影・納品いたします。
納品されるデータには個人情報のモザイク処理や補正編集はもちろん、間取り図にはLive Searchが実測した寸法情報を記載した間取り図をまとめて納品し、不動産会社様はWeb上で納品データのダウンロードが可能です。
またLive Searchがデータベース化している高品質な物件情報を活用して情報共有できる『Live Search Tours』、空室期間の集計や統計等の自動測定サービス『Live Search Data』などの連動サービスもあり、専門性があり手間のかかる物件の撮影業務や写真のクオリティ問題を解決し、ご利用企業様の92%以上がLive Searchの撮影データによる早期入居を実感しております。

Live Search Reqサービスサイト:https://photo-livesearch.com/req/about
■ 不動産会社向け物件写真・間取り図DLサービス「Live Search Stockplace」
Live Search Stockplaceは、不動産仲介会社向けの物件写真・間取り図販売サービスです。国内トップクラスの 管理会社様の導入社数を誇るLive Searchが管理会社様の空室物件の写真データを販売することで、仲介会社様は自社で撮影するよりも高品質でプロが撮影した物件写真・間取り図を低価格でご利用することが可能になります。
現在定額でダウンロードし放題プランで提供しておりますので、1部屋あたりの空室物件写真を100円以下でデータ取得することも可能になり、大きな売上増加を実現できるサービスです。
Live Search Stockplaceサービスサイト:https://photo-livesearch.com/
Live Search Stockplaceサービス紹介サイト:https://photo-livesearch.com/stockplace/about
■ 会社概要
社 名:株式会社Live Search
所在地:(本社)福岡県福岡市中央区天神3丁目6-16 オフィスニューガイアCLAIR天神3F
代 表:福井 隆太郎
設 立:2016年9月1日
資本金:1億3,570万円(資本準備金含む)
企業URL:https://livesearch.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR