イタリア、20日から3回目接種

 【ローマ共同】イタリア政府は13日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を20日から開始することを決めた。免疫力が低下した人が対象で、イタリア医薬品庁は今後、一般の高齢者や医療従事者にも拡大していく方針。

 イタリアでは新型コロナワクチンの接種対象である12歳以上の7割超に当たる約4千万人が接種を完了した。13日発表の1日当たりの新規感染者は2800人で、新たな死者は36人だった。

 世界保健機関(WHO)は一部の国で進められている3回目接種について、発展途上国への公平供給を実現するため年内は見合わせるよう求めている。

PR

PR