東京円、110円近辺

 14日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=110円近辺で取引された。

 午前10時現在は前日比04銭円高ドル安の1ドル=110円04~05銭。ユーロは20銭円安ユーロ高の1ユーロ=129円94~95銭。

 前日の米長期金利が低下し、日米の金利差が縮小するとの思惑から、円を買ってドルを売る動きがやや優勢となった。

 市場参加者の注目は、14日発表の8月の米消費者物価指数に集まっている。外為ブローカーは「結果を見極めようと様子見気分が強く、取引は低調だ」と指摘した。

PR

PR