カローラ、初のSUV発売

 トヨタ自動車は14日、主力車の「カローラ」シリーズで初となるスポーツタイプ多目的車(SUV)「カローラクロス」を日本で発売した。人気のSUVの品ぞろえを充実させ、30~40代のファミリー層を中心に需要を取り込む。ガソリン車とハイブリッド車(HV)を用意し、希望小売価格は199万9千円から。

 高い車高を生かし、広い車内空間や荷室を確保した。後部ドアの開口部が大きく、子どもの乗せ降ろしがしやすい。小型SUVとしてトップクラスの燃費性能も実現し、HVでガソリン1リットル当たり26・2キロ走る。

 販売目標は月4400台。

PR

PR