第5波の感染死の2割が50代以下 2月以前の5倍以上に

 新型コロナウイルス流行「第5波」で感染して死亡した人のうち50代以下の割合は20・6%で、ワクチン接種が始まった2月以前の3・8%と比べて5倍以上になったことが厚生労働省の集計で分かった。30代以下の死者は29人に上り、同年代の累積死者数63人の半数近くを第5波だけで占めた。...

残り 648文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR