中国、感染対策し「全国運動会」

 【北京共同】中国陝西省西安市で15日、日本の国民体育大会(国体)に当たる「全国運動会」が始まった。新型コロナウイルスの流行後、中国で最大規模のスポーツ大会となる。ワクチン接種やPCR検査の徹底など厳しい感染対策を実施。来年2月に開幕する北京冬季五輪に向けた予行演習の位置付けだ。

 約1万2千人の選手が参加して27日まで開かれる。中国メディアによると15日夜の開幕式はスタジアムに約2万人の観客を入れ、習近平国家主席が開幕を宣言した。「ゼロコロナ」を目標に、選手や関係者を外部と完全に隔離して運営する。

PR

PR