五輪代表の佐藤ら決勝へ

 フェンシングの全日本選手権個人戦第1日は16日、東京・駒沢体育館で行われ、女子エペは東京五輪を含む3大会連続五輪代表の佐藤希望(大垣共立銀行)と原田紗希(慶大)がともに4試合を勝ち上がり、10月3日の決勝に進んだ。

 男子サーブルは準決勝で、ともに東京五輪代表の吉田健人(警視庁)がストリーツ海飛(鹿児島ク)を下して決勝に進出。徳南堅太(デロイトトーマツコンサルティング)は昨年覇者の小久保真旺(法大)を破り、決勝に進んだ。東京五輪代表で37歳の島村智博(警視庁)は準々決勝で徳南に敗れ、現役引退を表明した。

 新型コロナウイルスの影響で無観客での実施。

PR

開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

緑のコンサート

  • 2021年10月30日(土)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR