五輪代表の永野、江村が決勝

 フェンシングの全日本選手権個人戦第2日は17日、東京・駒沢体育館で行われ、男子フルーレは東京五輪代表の永野雄大が準決勝で2012年ロンドン五輪団体銀メダルの三宅諒に競り勝ち、10月3日の決勝に進んだ。

 永野は決勝で東京五輪代表の西藤俊哉を準決勝で破った安部慶輝と対戦する。東京五輪個人4位の敷根崇裕と松山恭助は準々決勝で敗退した。

 女子サーブルは五輪代表の江村美咲が高嶋理紗との決勝に進出。五輪代表の田村紀佳は準々決勝で敗れた。

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR