独、マスク着用巡る射殺に衝撃

 【ベルリン共同】ドイツのガソリンスタンドで18日、新型コロナウイルス感染防止でマスク着用を求めたアルバイトの男性(20)が客の男(49)に射殺された事件で、メルケル首相は22日、政府報道官を通じ「抑制のきかない暴力に言葉を失った」とコメントした。コロナ規制を巡るドイツ初の殺人とみられ、地元に衝撃が広がっている。

 警察によると、19日に逮捕された男は「マスク着用を求められ、腹が立った」と供述している。

 現場はドイツ西部。マスク着用を求められ、いったん店外に出た男は着けてから再び来店。しかしレジで外し、また着用を求められると拳銃で男性の頭を撃って逃走した。

PR

PR