「AUKUSは東のNATO」

 【モスクワ共同】23日付のロシア有力紙「独立新聞」は、米国と英国、オーストラリアの3カ国が今月創設を発表した新たな安全保障の枠組み「AUKUS(オーカス)」について「東の北大西洋条約機構(NATO)になり得る」と1面トップで伝えた。ロシアは中国と共に対応を迫られることになるとも論じた。

 3カ国は表向きには「どの国にも軍事的脅威を与えない」と説明しているものの、実際にはインド太平洋地域のNATOに変貌していく可能性があるとし、その軍事的潜在能力は同地域でのロシアの軍事力を大きく上回ると指摘した。

PR

PR