「H2O案が最善の選択」と発表

 関西スーパーマーケットは24日、首都圏地盤のスーパー、オーケー(横浜市)が示す買収案と、エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリンググループとの経営統合案を比較した結果、H2O案が「株主にとって最善の選択」との見解を発表した。統合による関西スーパー株の理論株価を試算し、オーケーの株式公開買い付け(TOB)条件を上回る可能性を強調。H2O案への理解を求めた。

 H2O案は株式交換による統合のため、1株当たり2250円のTOB価格を示すオーケー案との単純比較が難しい。

PR

PR