阪神、中田投手の引退を発表

 阪神は28日、中田賢一投手(39)がプロ17年目の今季限りで現役を引退すると発表した。通算100勝を挙げた中田は、鳴尾浜球場での練習後に取材に応じ「つらいこともあったが、好きなことを職業にできることほど幸せなことはない。一生懸命やろうという思いでやってきた」と実感を込めて話した。阪神移籍2年目の今季はここまで1軍登板がなかった。

 福岡・八幡高から北九州市大を経て、2005年にドラフト2巡目で中日入団。07年に自己最多の14勝を挙げた。フリーエージェント宣言してソフトバンクに移籍した14年に11勝をマークし、18年に通算100勝を達成した。

PR

PR