松居大悟監督らコンペ部門に

 第34回東京国際映画祭(10月30日~11月8日)のラインアップ発表会が28日、東京都内で開かれ、最高賞を競うコンペティション部門に日本作品から松居大悟監督の「ちょっと思い出しただけ」と野原位監督の「三度目の、正直」が選ばれた。審査委員長はフランスの俳優イザベル・ユペールさんが務める。

 「ちょっと思い出しただけ」は別れた男女が過去の最も愛していた時にさかのぼり別れ直す物語。「三度目の、正直」は記憶を失った青年と周囲にいる人々の思いを群像劇で描いた。

 開幕上映はクリント・イーストウッドさんの監督50周年を記念した作品「クライ・マッチョ」が飾る。

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR