首相、「説明不足」払拭できず

 菅義偉首相の28日の記者会見は、退陣意向を表明した首相にとって最後の会見となった。就任以来、官邸で20回目となったこの日の会見では、新型コロナウイルス緊急事態宣言の全面解除やワクチン接種加速化などの成果を強調したが、質問と回答がかみ合わない場面も目立ち「説明不足」との批判を最後まで払拭できなかった。

 会見冒頭、約20分にわたり発言。ワクチン接種の進展を「誇らしい」と語った。以前批判を浴びた「(コロナ対応に)明かりが見え始めている」との表現を巡っては、ワクチン接種と治療薬にめどが立ち始めたとして「明かりは日々輝きを増している」と強調した。

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR