東京円、111円台後半

 29日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=111円台後半で取引された。

 午前10時現在は前日比37銭円安ドル高の1ドル=111円61~66銭。ユーロは42銭円安ユーロ高の1ユーロ=130円42~46銭。

 前日の米長期金利の上昇でドルが主要な通貨に対して全面高の展開となり、円相場は日米の金利差拡大が意識されて、円売りドル買いが優勢となった。米長期金利時間外取引で上げ幅を広げると、円売りドル買いが勢いづく場面もあった。

 市場では「自民党総裁選の開票を控え、積極的な売買を手控える投資家もいた」(外為ブローカー)との声も聞かれた。

PR

PR