車8社の世界生産17%減

 自動車の国内大手8社が29日発表した8月の世界生産台数は、前年同月比17・4%減の計154万3413台となり、新型コロナウイルス感染拡大で低調だった前年の水準を2カ月連続で下回った。東南アジアでのコロナ流行で部品調達が停滞したほか、半導体の供給不足の影響も深刻化した。9月以降は一段と悪化する見通しで、日本経済の回復の足かせとなりそうだ。 

 8社のうち、三菱自動車を除く7社が減少した。トヨタ自動車は16・2%減の53万1448台で、1年ぶりに前年の実績を下回った。ホンダが29・6%減の27万4356台。日産自動車は13・3%減となった。

PR

PR