青森・六ケ所村長「安堵」

 原発の使用済み核燃料を扱う再処理工場を抱える青森県六ケ所村の戸田衛村長は29日、自民党の岸田文雄前政調会長の新総裁選出を歓迎した。村内で記者会見し「安堵している。原子力への国民不信は根強く、政府が前面に立って必要性を説明すべきだ」と述べた。

 使用済み核燃料を再利用する「核燃料サイクル」を巡り、総裁選では岸田氏が維持を主張したのに対し、決選投票で敗れた河野太郎行政改革担当相は「抜本的見直し」を訴え、争点の一つとなっていた。

 戸田氏は総裁選告示後「河野氏の主張を踏まえ、総裁選結果や政府の動向を注視する」と懸念を表明していた。

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR