20年の民間給与、コロナ禍で減

 民間企業の会社員やパート従業員らが2020年の1年間に得た給与の平均は、前年に比べ3万3千円(0・8%)減り、433万1千円だったことが29日、国税庁の調査で分かった。2年連続で減少した。新型コロナウイルス禍が影響し、特に宿泊、飲食業の業績悪化が響いたとみられる。

 給与のうち賞与は64万6千円。前年比5万7千円減(8・1%減)で、世界的な金融危機リーマン・ショックの翌09年以来の下げ幅だった。業種別で「宿泊、飲食」が35・9%減の12万7千円、「サービス」が16・3%減の38万1千円と大きく下がり、他業種も軒並み減った。

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR