中国、9月景況感が節目割れ

 【北京共同】中国国家統計局と中国物流購買連合会は30日、景況感を示す製造業購買担当者指数(PMI)が9月は49・6だったと発表した。好不況を判断する節目の50を割り込んだのは、新型コロナウイルスの感染拡大が経済を直撃した2020年2月以来、1年7カ月ぶり。コロナの再流行や国際的な原材料価格の高騰が続き、景気の減速が鮮明となった。

 前月から0・5ポイント下がり、6カ月連続で下落した。生産、新規受注ともに節目を下回った。輸出向けの受注も苦戦。一方で、原材料の購入価格は高止まりしている。

PR

PR