LAに「映画博物館」オープン

 【ロサンゼルス共同】米映画文化と産業の発信拠点となる「アカデミー映画博物館」が9月30日、ロサンゼルスにオープンした。実際に撮影で使用された衣装や、美術、音響、視覚効果など映画製作にまつわる幅広い資料を映像も交えて展示。開館記念として、北米初となる宮崎駿監督の回顧展も来年6月まで開かれる。

 展示スペースがある地上5階、地下2階の建物と、最新設備の映画館やテラスを備えたビルの2棟から成り、総面積約2万8千平方メートル。アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーが手掛け、米メディアによると4億8200万ドル(約540億円)が投じられた。

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR