接種歴確認、旅行でも実験

 赤羽一嘉国土交通相は1日の記者会見で、観光の再開に向け、新型コロナウイルスワクチンの接種済証か、検査の陰性証明を用いた「ワクチン・検査パッケージ」の運用実験を10月中に行う方針を示した。バスや鉄道などの旅行ツアーや宿泊施設で予約時、またはチェックイン時に証明書を確認する。実験の対象となるツアーや施設は調整中という。

 赤羽氏は「現場の負担感や感染防止効果を確認したい」と話した。

PR

PR