ナノプラネット研究所とWBSB&CO.によるジョイントベンチャー「Nanoplanet Nebula株式会社」マイクロバブルの社会実装を加速

~マイクロバブルの社会実装および新規事業開発・運営~
世界初のマイクロバブル発生装置を発明した株式会社ナノプラネット研究所(本社:大分県国東市、 代表取締役:大成 由音、以下ナノプラネット)は、WBSB&COMPANY合同会社(本社:東京都中央区、代表社員:櫻井 寿遥、以下WBSB&CO.)との共同出資により、Nanoplanet Nebula株式会社(以下ナノプラネットネビュラ)を設立したことをお知らせいたします。
■設立の背景および目的

ナノプラネットは、研究開発本部長である大成博文が世界に先駆けて発明し、32カ国で特許を取得した世界初のマイクロバブルの実用化を目的として設立いたしました。

開発段階を含めると30年以上最先端で困難な課題に挑み続け、生み出された奇跡のような成果と豊富な知見を元に、これまでに2000社を超える企業との取引を通じて、テクノロジーの普及と研究開発を推進しております。常に現場と向き合い、課題解決を行う中で、人々の生活が一変し社会が変革する可能性を秘めた重要な発明がいくつも生まれました。

その発明の中には、今まさに社会から必要とされているものがいくつもあり、その発明をプロダクトとして創り上げ、事業化を通じて社会に実装する必要性を強く感じておりました。

この度ジョイントベンチャーを設立したWBSB&CO.は、The Creative Firmとして「日本の伝統、技術、想いを新たな資産に変える。」をビジョンに掲げて事業を展開しており、日本発のオリジナル技術であるマイクロバブルの社会実装という共通の目的のもと、共同で事業化を推進することで合意し、ナノプラネットネビュラを設立いたしました。

ナノプラネットネビュラは、「マイクロバブルテクノロジーを社会実装する」をミッションに掲げ、WBSB&CO.の強みである創造力とビジネス構想力と、ナノプラネットの強みであるマイクロバブルの知見・実績という互いの強みを活かし、ナノプラネットが生み出した光マイクロバブル™ を活用した新規事業の開発、事業ブランドの運営を行ってまいります。

■社名およびロゴの由来と展望



社名である「Nanoplanet Nebula」は、マイクロバブルの比喩表現である「Nanoplanet」と星雲を表す「Nebula」を統合して定めました。水中で漂うマイクロバブルは肉眼ではほとんど見えませんが、暗所で光を当てることで無数のマイクロバブルを見ることができます。1つ1つのマイクロバブルが無数に集まって可視化された複雑な流れは、宇宙に輝く「星雲(Nebula)」のように見えます。

小さな泡でも無数に生まれ集まることで大きな流れが生まれるように、革新的なプロダクトを様々な領域で断続的に社会に実装することで、社会に大きな変革を起こし、豊かな自然と幸福な社会が両立する未来を実現したいという想いを「Nanoplanet Nebula」という社名に表しております。

シンボルマークは、NanoPlanetの頭文字であるNとPから構成されており、自然との調和と循環を表現しております。シンボルマークの左下にたたずむ球は、母なる地球とマイクロバブルの要素を表しており、日本の伝統色の「青竹色」は、ナノプラネットがある大分県が生産量日本一である竹から着想を得ております。
■ナノプラネット製のマイクロバブルについて

ナノプラネット製のマイクロバブル発生装置によって生み出されるマイクロバブルは、「光マイクロバブル」という名称で呼ばれています。
光マイクロバブルは他の方式で発生したマイクロバブルやナノバブル等と異なる性質を有しています。
そして、その性質が独自の機能を生み出すことが明らかになっております。

その機能の中でも最も特徴的なものが「血行促進効果」です。
血行促進効果を発見するきっかけになったのは、貝類の養殖実験でした。
人の血流を測定するセンサーを、光マイクロバブルを供給した貝に取り付けたところ、通常の2倍以上海水(人でいう血液)を取り込むことが明らかになりました。
その結果から人の場合でも血行促進が起こるのではないかという仮説の元、実験をおこなったところ、想像をはるかに上回る血行促進効果があることがわかりました。
光マイクロバブルが発生しているお湯の中に体を浸けると、毛細血管の血流量が3~5倍、多い人で10倍以上増加することを発見しました。

水と空気という地球上に無尽蔵にある安心安全な物質から作られる光マイクロバブルに、大幅な血行促進効果があることが非常に大きな可能性があります。
血行促進効果は、他の方式で発生したマイクロバブルやナノバブル等では、ほとんど起きないか起きてもわずかしか起こらないため、光マイクロバブルと明確な違いがあります。

血行促進効果が期待できる光マイクロバブルは、医療・介護分野はもちろん、スポーツテック領域やスリープテック領域など、ライフサイエンス分野での活躍が大きく期待されております。
また、健康領域以外でも、農・漁業領域や食品飲料加工、環境負荷低減などで特別な機能を活かして、それぞれの領域でマイクロバブルテクノロジーを実装してまいります。

■今後の展開

主に以下の事業領域において社会実装していきます。

1.ペットテック領域
2.スポーツテック領域
3.スリープテック領域
4.アグリテック領域
5.ヘルステック領域
6.ビューティーテック領域

第一弾のブランドとして、10/1よりペットテック領域において、HOLOS&HABITUSを展開予定です。「いつもここちよく、いつまでも一緒に」をブランドコンセプトにマイクロバブルテクノロジーを活用した”FOAMY”をトリミングサロンに導入し、大切な家族のために健康とその習慣をご提供していきます。

https://www.holos-habitus.com/

■会社概要

会社名:Nanoplanet Nebula株式会社
Co-CEO(共同最高経営責任者):大成 由音、櫻井 寿遥
設立:2021年9月17日
事業内容:マイクロバブルテクノロジーの社会実装を目的とした新規事業開発と運営
本社所在地:福岡県福岡市博多区博多駅前ニ丁目19番17号トーカン博多第5ビル312号室
URL:https://nanoplanet-nebula.com
【参考情報】

■株式会社ナノプラネット研究所

当社は「Microbubble Transformation」をミッションに掲げ、 光マイクロバブルを活用した幅広い分野での研究開発と製品開発を通じて、社会を変革する革命的プロダクトの開発を行っています。

会社名:株式会社ナノプラネット研究所
代表取締役:大成 由音
設立:2004年5月20日
従業員数:3名(2021年9月現在)
事業内容:マイクロバブルに関する研究開発と製造販売及びコンサルティング業
本社所在地:大分県国東市武蔵町向陽台12番地3
資本金:980万円(2021年9月現在)
URL:https://nanoplanet.co.jp/

■WBSB&COMPANY合同会社

WBSB&CO.は、The Creative Firmとして現代社会で失われつつある伝統や技術、そして想い。それらを新たな資産やブランドとして生まれ変わらせる[創造力]と[ビジネス構想力]を持ったクリエイターを集結させ、残すべき価値が循環し繁栄する経済圏の実現を目指しています。

会社名:WBSB&COMPANY合同会社
代表社員:櫻井 寿遥
設立:2019年12月16日
従業員数:8名(業務委託含む)
事業内容:事業再生、ブランドデザイン・マネジメント、 クリエイティブ制作、B2C/D2C商品企画
本社所在地:東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目28番4号岩崎ビル4F
資本金:100万円(2021年9月現在)
URL:https://www.wabisabi.ooo

■本件の問い合わせ先

株式会社ナノプラネット研究所 担当:大成 由音
pr@nanoplanet.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR