巨人・山口、試合当日に登板回避

 巨人の山口俊投手が2日、試合前の練習中に右肘に違和感が生じたため、予告先発されていたDeNA22回戦(東京ドーム)の登板を取りやめた。東京都内の病院で診察を受ける予定。先発は畠世周投手に変更された。

 山口はキャッチボールはこなしたが、練習途中でトレーナーと共にグラウンドから離れた。今年6月に米球界から巨人に復帰し、ここまで12試合に登板して2勝7敗、防御率3・34だった。

PR

PR