凱旋門賞、日本馬の初制覇ならず

 【パリ共同】フランス競馬の世界最高峰レースで、第100回を迎えた凱旋門賞(G1)は3日、パリロンシャン競馬場で行われ、G14勝のクロノジェネシス(5歳牝馬)は7着、前哨戦のフォワ賞を制したディープボンド(4歳牡馬)は14着で、日本馬初制覇は成らなかった。9度目の大舞台に挑んだ武豊騎手(52)が手綱を取ったブルーム(アイルランド)は11着だった。

 日本馬は1969年の初挑戦以来、昨年まで延べ27頭が挑み、4度の2着が最高。昨年は新型コロナウイルスの影響で無観客で行われたが、今年は観客を入れて実施された。

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR