岸田氏、自公以外から得票

 4日の首相指名選挙で、岸田文雄首相は衆院で311票、参院で141票を得た。無所属議員らの票があり、衆参いずれも自民、公明両党の議席数より多かった。立憲民主党の枝野幸男代表は衆院124票、参院65票。共産党は菅義偉前首相を選出した昨年の選挙に続いて枝野氏に投票し、次期衆院選を前に連携姿勢を見せた。昨年は足並みをそろえた国民民主党は玉木雄一郎代表に投じた。

 衆院の無所属のうち下地幹郎氏や、立民会派所属の柿沢未途氏らが岸田氏の名前を書いた。柿沢氏はこの日、会派を離脱した。

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR