EU、3回目接種承認

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)は4日、18歳以上を対象に、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を承認した。

 ドイツやフランスなど一部加盟国が既に3回目接種に乗り出しているが、EMAが「お墨付き」を与えたことで他の加盟国も追随するとみられる。

 EMAは声明で、ファイザー製ワクチンに関するデータを評価した結果「2回目から少なくとも6カ月後に追加接種を検討してもよいと結論付けた」としている。

PR

PR