ソフト代表が福島で感謝の催し

 日本ソフトボール協会は5日、東京五輪で金メダルを獲得した女子日本代表が開幕戦の舞台となった福島県営あづま球場で応援への感謝を伝える「ゴールドメダリストセレモニー」を11月3日に開催すると発表した。選手によるトークイベントや記念撮影などが行われるという。

 新型コロナウイルス感染対策のため参加は福島県内在住者に限定する。定員は500人で、今月8日より協会ホームページから応募可能となる。また、セレモニーの様子はオンラインで無料配信される。

 女子日本代表は五輪開会式に先立って7月21日に福島で全競技の先陣を切った。

PR

PR