真鍋さん出身地で感激の声、愛媛

 ノーベル物理学賞に選ばれた真鍋淑郎さん(90)が生まれ育った愛媛県四国中央市からは感激の声が上がり、篠原実市長は市のホームページで「大きな喜びであり、名誉」とのコメントを発表。市によると、旧制三島中(現・三島高校)卒業まで市で過ごしたという。

 広報課の男性(33)は「本当にびっくり。(真鍋さんの)出身地である旧新宮村は自然が豊かで、風や水の動きを肌で感じられる。そういう所で育ったことも自然に興味を持った理由かもしれない」と喜んだ。

 父親が真鍋さんの同級生だったという男性(54)は「父親がいつも『あいつはいつかノーベル賞を取る』と語っていた」と話した。

PR

PR