初タイトル戦、19歳・関が猛攻で先勝 天元戦第1局

 囲碁の一力遼天元(24)に関航太郎七段(19)が挑む第47期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第1局が5日午前9時から、愛知県南知多町のホテル「源氏香」で打たれた。午後4時13分、130手までで白番の関が中押し勝ちし、初の七大タイトル戦を白星で飾った。

 持ち時間各3時間のうち残りは関3分、一力2分。第2局は11月16日に札幌市のホテルエミシア札幌で打たれる。

 注目の初戦、序盤は速いペースで進んだ。関は珍しい二間のボウシの白18(8六)で中央の戦いに備え、白38(9八)や白40(10九)で積極的に戦いを誘った。一力は黒41(10八)と切り、力戦模様の展開に。互いに時間を使って読みを入れる難解な攻防となったが、関が白52(13四)の肩ツキからペースを握った。

 一力は中央の大石と下辺の連絡を狙いつつ、黒101(5十六)、黒107(4十七)と連打して挽回を目指したが、白110(12十六)の厳しい攻めに苦慮。黒115(16十四)などで紛れを求めたが、関は白124(18十六)で的確にとどめを刺した。

 立会人の馬場滋九段(73)は「関七段は大舞台にも気後れせず、自分の碁を打った。一力天元は相手の猛攻に防戦を強いられるうちに終わった印象だが、このままでは済まさないだろう。今後が楽しみだ」と話した。 

面白い手にしたいと思った

 関航太郎七段の話 白18(8六)は研究でなく、面白い手にしたいと思い打った。しかし実際には形が崩れて、時間も使い、いいペースではなかった。そのため白40(10九)とハネて戦い、難しくしようと考えた。白52(13四)の肩ツキで盛り返すことができた。白116(13十五)を打て、いけているかなと思った。

右辺の白地が大きくなった

 一力遼天元の話 黒69(14十)で74(15十)も考えたが、どちらが良いか分からなかった。実戦は右辺の白地が大きくなった。黒87(15三)で88(16六)も考えたが自信が持てなかった。地合いが大変なので黒89(10十三)から厳しく攻めたが、黒107(4十七)ではもっと白を追及しなければいけなかった。

 

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR