恒大株、3日連続取引停止

 【北京共同】香港証券取引所で6日、経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団の株取引の停止が続いた。停止は3日連続となった。中国では他の不動産大手も債務の返済ができなくなったことが判明し、業界全体に対する市場の不安が高まっている。

 恒大と、傘下の不動産管理会社、恒大物業集団の取引は4日に停止した。「重要な取引」に関する発表待ちとしている。中国メディアは、中国不動産大手、合生創展集団に恒大物業の株式51%を売却すると報じた。合生の取引も停止が続いている。

PR

PR