東京円、111円台後半

 6日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=111円台後半で取引された。

 午後5時現在は前日比58銭円安ドル高の1ドル=111円67~68銭。ユーロは22銭円安ユーロ高の1ユーロ=129円05~09銭。

 前日に米長期金利が上昇したのを受け、日米の金利差が拡大するとの観測が強まり、円を売ってドルを買う動きが優勢だった。国内輸入企業による実需の円売りドル買いも多く見られた。

 市場では「相場が米長期金利の動きに敏感に反応する状況が続いている」(外為ブローカー)との声があった。

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR