岸田内閣も学術会議会員任命せず

 松野博一官房長官は7日の記者会見で、日本学術会議が推薦した会員候補6人の任命拒否問題で、岸田内閣として新たに任命する考えがないとの認識を示した。「任命権者である(当時の)菅義偉首相が最終判断したことから、一連の手続きは終了したものと考えている」と述べた。

 学術会議の梶田隆章会長が9月30日の会見で「新しい総理がどなたでも、6人が任命されるよう努力したい。機会があれば、ぜひ直接お会いして話したい」と述べていた。

 岸田文雄首相は自民党総裁選でも「手続きを撤回することは考えていない」としていた。

PR

PR