芳野連合会長、立・共合意に異論

 連合の芳野友子会長は7日の記者会見で、立憲民主党が衆院選で政権交代を実現した場合に共産党が「限定的な閣外からの協力」をするとの両党合意に異論を唱えた。「閣外協力もあり得ない」と述べた。一方、立民の枝野幸男代表は会見で「連合といろいろ相談してきた方針にのっとっており、芳野氏にもご理解いただいていると思う」と語った。

 立民と支援組織の連合の間で、共産との連携の在り方を巡る認識のずれが露呈した形だ。

 芳野氏は、連合が推薦する立民候補の陣営で「合意を盾に共産側がさらなる政策をねじ込もうとする動きがある」と指摘。「枝野氏に混乱を来さないよう求めたい」と語った。

PR

PR