ゴルバチョフ氏が自主隔離

 【モスクワ共同】ゴルバチョフ元ソ連大統領(90)が主宰するシンクタンク「ゴルバチョフ基金」は7日、ゴルバチョフ氏が新型コロナウイルス感染を避けるために、医師の勧めに従って1カ月以上自主隔離を続けていると明らかにした。ロシア通信が伝えた。

 インターネット上では同日、ゴルバチョフ氏が入院しているとの情報が伝えられていた。同基金の報道官は、ゴルバチョフ氏自身は新型コロナに感染していないと述べたが、どこで自主隔離しているかは明らかにしなかった。

 ゴルバチョフ氏は同日、プーチン大統領に69歳の誕生日を祝うメッセージを送ったという。

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR