NBA元選手18人を起訴

 【ニューヨーク共同】米ニューヨークの連邦地検は7日、医療費の不正請求を行い計約390万ドル(約4億3千万円)を詐取した罪で、米プロバスケットボールNBAの元選手18人が起訴されたと発表した。米メディアが伝えた。

 起訴状によると、被告らは少なくとも2017年から20年にかけ、NBAの医療給付制度を悪用。実際には発生していない医療費の虚偽請求を行い、払い戻しを受けていた。起訴された中にはトップクラスのスター選手は含まれていない。

 元選手のテレンス・ウィリアムズ被告が主犯とされ、詐取の手口を周囲に教える代わりに手数料を受け取るなどしていたという。

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR