2021.11.7(日)全国一斉木育イベント「森のとびらin福岡」開催

まちに暮らす人には遠い森、私たちの暮らしに欠かせない森の営み、その木を使うことについて考えてみませんか?
チルチンびと「地域主義工務店」の会・森林を活かす都市の木造化推進協議会と共同開催にて、2021年11月7日「森のとびらin福岡」を開催します。



【全国一斉木育イベント「森のとびら」】について
街なかや平野部に暮らす人にとってなじみのない山や森が、私たちの暮らすまちとどのように繋がっているのか、暮らしの中に当たり前にある「木」がどのようにして育てられ、まちまでやってくるのかについて考えるイベントです。人にとって良い木をきちんと使うことが、山や森にとっても必要であること。そしてそこから繋がるまちや海とも密接に関わっていることを知る機会にしたいと考えています。

木と森について学びます。
【このイベントの開催に至った背景】
石油化学工業が発達した現代、戦前は当たり前に身近にあった木の家や木製品、木にまつわる仕事を目にする機会が減少しました。また、農業と違い、収穫期まで数十年もの長い期間を要するため、人と森林との間に時間的距離も生まれ、多岐に渡り山積する家や山の課題は一般に認識しづらい現状にあります。また、近年、山間部で多く発生する土砂災害は、手入れされていない人工林も原因の一つと言われています。これらの課題解決かつ脱炭素社会の実現のためにも「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」が、新たに「脱炭素社会の実現に資する等のための建築物等における木材の利用の促進に関する法律」へと改正され、2021年10月1日に施行されました。

手入れされた人工林
【森と木を感じられるイベント】
全国各地の、山に携わる森林組合や製材所と、本物の木で建物を作る工務店とが工夫をこらしてイベントを開催します。大工が教える木工教室、森林ツアーなど、森と木を感じられるイベントがたくさんあります。このイベントでは単に楽しむだけではありません。木の手触りや匂いを体感しつつ林業や山の歴史・現状、未来の姿について学ぶことのできるパネル展示や資料配布も予定しています。

かんなくずのプール。匂いも手触りも気持ちよくて子供たちが飛び込んできます。
【森のとびら/イベント内容】
●11/7(日)10:00-15:00
木に触れ、香りに包まれながら学び、五感を育てる!
・日本の山、林業のことを知ろう!
・おはなし「森とまちを、未来へつなぐ」パフォーマンスユニットPUYEYによる
・木のおもちゃ広場
・木で遊ぶ・つくる広場
・大工さん体験
・八女杉端材市
・マルシェ
場 所:やかまし村のギャラリー・株式会社未来工房本社
参加費:無料
本物の道具で上棟体験!
パフォーマンスユニットPUYEYによるパネルシアター

※全国一斉木育イベント「森のとびら」参加企業(計24社)
株式会社増子建築工業(福島)・菊田建築株式会社(茨城)・株式会社大丸建設(東京)・株式会社加賀妻工務店(神奈川)・株式会社グッドリビングどんぐりの家(千葉)・無垢杢工房株式会社イケダ(栃木)・株式会社オオガネホーム(群馬)・松浪建設(群馬)・株式会社小林建設(埼玉)・株式会社千葉工務店(埼玉)・有限会社ますいいリビングカンパニー(埼玉)・株式会社彩工房(京都)・株式会社木の家専門店谷口工務店(滋賀)・株式会社安土建築工房(滋賀)・倭人の家建築(奈良)・株式会社井藤工務店(兵庫)・株式会社エコ建築考房(愛知)・有限会社勇建工業(愛知)・有限会社トヤオ工務店(三重)・有限会社小林住建(愛知)・株式会社さとやま設計社(石川)・株式会社坂田工務店(広島)・株式会社西渕工務店(愛媛)・
株式会社未来工房(福岡/全国一斉木育イベント「森のとびら」実行委員長)
※全国のイベントの方もぜひお問合せください。


全国一斉木育イベント「森のとびら」広告

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR