世界債務、GDP比97・8%

 【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)は13日、最新の財政報告を公表した。新型コロナへの対応で2021年の世界全体の政府債務残高は対国内総生産(GDP)比97・8%に上った。20年から0・8ポイント下がったが、依然としてGDPの規模とほぼ同水準で高止まりしている。日本は256・9%と突出している。

 新型コロナの脅威は続いており、各国の財政状況がさらに悪化する懸念もある。

 世界全体の政府債務残高はGDP比で22年に96・9%、26年でも96・5%と、高水準が続くと予測。先進国全体では21年が121・6%、26年には118・6%になるとの見通しを示した。

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR