最新型潜水艦「はくげい」進水

 海上自衛隊に2023年3月の就役を予定している最新型潜水艦の命名・進水式が14日、神戸市の川崎重工業神戸工場で開かれ、艦名は白い鯨を意味する「はくげい」に決まった。

 海自や同社によると、はくげいは昨年進水式が行われた潜水艦「たいげい」型の2番艦。基準排水量約3千トン、全長84メートル、全幅9・1メートルの国内最大級で、探知されにくいステルス性能が向上し、リチウムイオン電池の搭載で潜航時間を長くしている。乗員約70人で建造費は約720億円。

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR