東京円、113円台後半

 15日午前の東京外国為替市場の円相場はドルに対して値下がりし、一時1ドル=113円90銭近辺を付けた。2018年11月28日以来、約2年11カ月ぶりの円安ドル高水準。

 午前10時現在は前日比51銭円安ドル高の1ドル=113円88~89銭。ユーロは44銭円安ユーロ高の1ユーロ=132円03~07銭。

 前日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均が大幅反発し、投資家心理が改善。相対的に安全な通貨とされる円が売られた。国内輸入企業が決済で使うドルを買う動きもあった。

 市場では「米長期金利が上昇すれば、円安が加速する可能性がある」との声が聞かれた。

PR

PR