都民ファースト新党、擁立断念

 東京都議会の会派「都民ファーストの会」に所属する都議らが国政進出を目指して設立した新党「ファーストの会」は15日、衆院選の候補擁立を断念することを決めた。代表の荒木千陽都議は「国政政党に有利な現行選挙制度の下、公示日が早まったことなどを受け、都民の期待に沿う戦いは難しいと判断した」とのコメントを出し、次の国政選挙に向けて取り組むとしている。

 同会は今月3日に設立を発表して以降、候補者の公募を進めていた。荒木氏は「多くの有為な人材に応募いただいた。今後の戦いへ共に参加してもらう方向で調整を進める」と説明し、他の政党などとも連携を模索する意向を示した。

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR